保湿で美肌に!シンプルなのに効果絶大スキンケア

乾燥肌•敏感肌でこれからの冬の時期に乾燥で悩む方に
美肌を目指している方に向けて

シンプルな保湿ケアで美肌に

乾燥や肌荒れを起こすと、焦って過度なスキンケアをしがち…
高いお金を払って高価な美容液やクリームを買っても逆効果な場合があります。
スキンケアでのポイントをいくつかご紹介します。

1.洗顔はゴシゴシ洗わずにふんわり泡立てて優しく洗う

洗顔するときに、縦に洗顔をしないで横向で洗顔をすることにより毛穴が目立ちにくくなります。
ゴシゴシ洗うことで肌への刺激、負担になってしまうので、洗顔は優しくすることがポイントです。
石鹸タイプの洗顔などは泡だてネットを利用する事で短時間でふんわりときめの細かい泡を作ることができるので時間のない人にオススメです

2.化粧水は手であたためてから

化粧水を肌につける前に手のひらで温めてから肌につけることにより、浸透力が高くなり、ハンドプレスするだけで肌への浸透力がアップします。
化粧水をつける際はコットンは使用せずに手でじっくりと浸透させる方が効果的です
化粧水はバシャバシャと大量に使うのではなく、いかに肌に浸透させるかが重要です。
乾燥肌の人はセラミド配合の高保湿の化粧水を利用する事で乾燥を防ぐことができます。

3.乾燥肌の人は保湿は必ず忘れずに!

朝の洗顔、夜の洗顔後のケアだけではなく、スティックタイプの美容クリームや日中でもスプレータイプの化粧水を利用することによって、日中の肌の乾燥を防げます。
お手洗いに行くタイミングで、など日常的に行うのが効果的です。
この時期、室内も暖房で乾燥しがちなのでこまめにケアする事をオススメします。

 

自分に合った化粧品を見つけるには?

ネットの情報で流行っている化粧品などを購入しても敏感肌の人は特に合う、合わないがあると思います。
流行りのものではなく、自分の肌に合った化粧品を見つけるには、時間はかかりますが、デパートのコスメ売り場で肌診断をしてもらったり、皮膚科に行って、自分の肌に合う化粧品を使用することが一番美肌になるために効果的です。
また、肌の状態をチェックすることで自分のケアに足りていないものなどが分かるので、化粧品やケアをする時に役立ちます。トリニティーラインは乾燥にも使え万能なジェルクリームです。


忙しい毎日ではお肌のケアはどうしても後回しになってしまうことも多いもの。
普段から乾燥で悩む私。メイクしてからの冬の乾燥は毎年とくに辛いものでした。
メイクをとってスキンケアしなおすわけにもいきません。
基礎化粧品で頑張っても冬の風には今一つ勝てないのが毎日ひしひしと感じられて悩んでいました。
この方法は

  • 乾燥に悩むけれどもスキンケアに手間をかけられない時間の多い人、
  • メイクの上からでも乾燥を何とかしたい人、
  • できるだけ簡単に確実に結果が欲しい人、

そういう方に向いている方法です。

そんな迷える時にドラッグストアのレジ付近に救世主を発見。

フェルゼア・ハンドモイスチャーミスト

資生堂の取り扱っているミストタイプの保湿ローションです。
手に持ってぴったりの大きさ。
デザインも赤と白でシンプルでスタイリッシュ。
ハンドモイストとありますが、手だけではなく全身、メイクの上からでもOKとあります。
気になった時にメイクの上からすかさすミストできるのは、冬場には欠かせない安心になりました。
それとフェイスだけでなくボディにも、そして名前の通りハンドにもとどこにでも使えるのがとてもお得だとも言えます。
とかく潤いが逃げていく冬の間であるからこそ、こまめな乾燥対策は欠かせません。
使う場所からも使う時間からも解放されたオールラウンドな大活躍ぶりに納得したあと、まとめ買いです。

メリットはとにかく楽なこと。
かばんに入れて起きやすく、洗面所に置いておいても全く邪魔にもなりません。
匂いがいいのも特長です。
デメリットはしいて言うならお値段。
長年の信頼の資生堂ブランドが出しているだけはあります。
フェイスも含めて全身くまなくで使い倒してしまうならお得なのですが、
ハンドケアと書かれているのでそこだけを読んで買うとなるとかなり高く感じられるのがデメリットといえばデメリット。
それと、メイクの上からミストをするのが人に見られるとびっくりされるのもちょっとだけデメリットといえます。
洗面所でメイクのチェックがてら鏡の前でサッとワンプッシュするのがいいかもしれません。


 

私は中学生の頃からずっとニキビに悩んでいました。皮膚科も高校生の頃から通っていましたが、通っていて薬を飲んでいる間は肌の調子が良かったのですがニキビが良くなり薬を飲むことをやめると再発してまた皮膚科に通って薬を飲み始めるの繰り返しでした。
そして、就職して病院にあまり通う時間が無くなってしまうと薬が飲めない期間が増えてストレスも相まってかニキビがどんどん悪化してしまいました。そこで、家でできるお手軽なスキンケアがないかとネットで調べて知ったのがティーツリーオイルでした。
ティーツリーオイルはオーストラリアで標準的にニキビに使用されているオイルで原液で人肌につけることができる数少ないオイルのひとつです。
また傷などの消毒や匂いの消臭などにも用いられることがあるオイルとなっています。
ネットで簡単に購入できるのと手間がかからなそうなので始めて見ました。

ティーツリーオイルを使用

化粧水を、少し多めにとってティーツリーオイルを一滴だけたらします。そして、後はいつも通りに顔につけるだけです。その他の乳液やクリームなどはそのままぬっています。

 

肌への刺激

最初はスースーする感じがあってなれないかもしれません。スースー感が嫌な場合は化粧水を多めにしてティーツリーオイルを薄めればスースー感は薄れます。
また、人によってはティーツリーオイルに負けてしまって肌が荒れてしまう場合があるので腕などで肌が負けないか試してから顔にためすのがいいと思います。また顔に
つける際も少量から始めるのがいいと思います。
また肌につけていいとティーツリーオイルとつけてはいけないティーツリーオイルがあるので使用、購入する前に確認したほうが良いと思います。


旦那さまの愛用品

私は正直、いままで石鹸派ではありませんでした。
これがいいかな、次はこれにしようかなといつもボディーソープは一定して同じ物を使っていませんでした。
というよりこだわりがなかったのです。
でも、そんな方も多いんではないかなと思います。
旦那さまと結婚して住み始めた時に旦那さまが石鹸派だという事が判明して石鹸にしました。
種類があるので悩んだのですが旦那さまの推薦でいつかの石けんを使用する事になりました。
ボディーソープに比べて添加物が少なくて肌にいいそうです。
私も旦那さまもニキビができる体質だったのでいつかの石けんは私たちにとって肌に余分な刺激を与えない商品でした。
なので結婚してから一回も他のボディーソープに変える事なくいつかの石けん一筋です。

赤ちゃんにも使えるいつかの石けん

知ってましたか?
赤ちゃんの肌を洗う時は石鹸なんです。もちろん頭も体も。
私が出産した病院でも石鹸推奨していました。
やはり添加物が少ないのでボディーソープよりいいのだとか。
確かに泡で出るタイプの方が洗うのには楽なんですがおかげでシャンプーやボディーソープでの赤ちゃんの肌トラブルは全くありませんでした。
どこまでがいつかの石けんのおかげかわかりませんが2歳の息子は未だに全身をいつかの石けんで洗っているのですが友達から髪さらさらと褒められるくらいさらさらで、肌が荒れた事がないのです。
しかも子どもなので石鹸のいい匂いが一日中続いて髪の毛から清潔感のある匂いがします。
なので、子どもが産まれてから別のボディーソープを買う事もなく家族全員でいつかの石けんを愛用しています。
赤ちゃんがいるご家庭には本当にお勧めです。
何かとお金がかかる時期ですが、いつかの石けんは値段は少々高いですが家族みんなが使えます。
一応、いつかの石けんは洗顔用なので用途に合わせてご使用下さい。

 


 

鼻・頬の毛穴の詰まりや黒ずみが気になる人におすすめです。特に、エステに行ったり高い化粧品を買ったりするのが難しい主婦の人にはもってこいの方法です。

毛穴を温めて洗い、冷やしてひきしめる

この方法は、台所にあるものですぐにできてとっても簡単です。
まず、濡れタオルをビニール袋に入れて電子レンジで温め、蒸しタオルを作ります。これを顔に当て、5分ほどしっかりと肌を温めます。こうすることで毛穴が開き、汚れも柔らかくなってくるので準備完了。
次に、いつもの洗顔料でしっかり洗顔します。たっぷりの泡を指の腹で転がすようにして、毛穴の汚れをスルスルっと抜き取るイメージで優しく洗います。いつもより毛穴が広がっていて、角栓などの汚れも柔らかくなっているので、ゴシゴシこすらなくても毛穴汚れがすっきり落とせます。
そして最後に重要なのは、広がった毛穴をしっかり引き締めること。せっかく汚れが落ちても、毛穴が広がったままではまたメイクなどの汚れをすぐに溜め込んでしまいます。きれいな毛穴を維持するために、引き締めは必須です。方法は簡単で、まずいつも通りに化粧水・乳液をなじませてから、冷凍庫にある氷をコットンでくるんで肌に当てます。ずっと同じ場所を冷やし続けると刺激が強すぎるので、2~3秒当てたら少しずらし、鼻や頬をまんべんなく冷やして下さい。これで毛穴対策はばっちりです。翌朝鏡を見ると、毛穴がぐっと目立たなくなっていると思いますよ。

毛穴の広げすぎに注意

この方法のデメリットは、あまりやりすぎると毛穴が広がりやすくなってしまうところです。いつもきれいで目立たない毛穴を保つためには、頻度を週1回ほどにして、日頃は小まめな洗顔で汚れを防ぎましょう。


 

みなさんは顔の肌ケアになやんでいませんか?
乾燥肌、敏感肌などなど…これらの肌質の方はニキビができやすくなったりしてお化粧のりが悪くなったりしてしまいます。そんな方々にオススメのケア方法をご紹介します。

乾燥肌、敏感肌のケア方法は?

乾燥肌、敏感肌の方は普通の化粧水などでケアするのではなく乾燥肌用、敏感肌用といった化粧水を使用した方がいいです。特にセラミドを配合したものやナノイオンといった微粒子にされているものを使った方がいいです。そして必ず化粧水だけで終わらせないこと!化粧水だけでは逆に乾燥を促してしまいます。化粧水→乳液→保湿を徹底しましょう。めんどくさいと思う方は保湿力の高い化粧水を使用しましょう。
しかし敏感肌用乾燥肌用といったケア商品の中には値段が高いものが多いです。コスパがよく乾燥肌、敏感肌を直したい!という方には化粧水+ニベアクリームがオススメです!洗顔後に化粧水をたっぷり肌につけた後ニベアクリームを塗ります。たったこれだけです!ニベアクリームは保湿力が高いにもかかわらず低価格のためケア商品にお金をかけたくない方にはうってつけです!是非お試しください。

オイリー肌ニキビ肌はどうする?

逆にオイリー肌またはニキビ肌の方は普通の化粧水をたっぷり使用していただいて大丈夫です。しかし油分を多く含む商品は避けましょう。さらにオイリー肌、ニキビ肌を悪化させてしまいます。
こちらの肌質の方に気をつけて欲しいのは洗顔です!洗いすぎたり、洗い残しがあったりしていませんか?洗いすぎてしまうと顔の油分がなくなり肌がさらに油を出そうとするので悪化してしまいます。また洗い残しがニキビの原因となるのでしっかり水で洗い流しましょう。その後は化粧水→乳液→保湿で大丈夫です。先ほど紹介した化粧水+ニベアクリームですがオイリー肌にはオススメしません。ニベアクリームには油分が多く含まれているのでオイリー肌の方は使用しないようにしましょう。
全ての肌質の方に共通して実践して欲しいのいつもしていることこそ丁寧に行ってほしいということです。
化粧水だけで済まさないことや洗顔はしすぎず洗い残しがないようにすることなどすぐできることです。こうした身近なことから改善していけば肌の悩みも解決していくと思います。1つ1つを丁寧にしていくことを心がけましょう!


 

先輩の肌がきれいで何を使っているのか聞いたら

私は中学のころからニキビが顔中に出ていてずっとコンプレックスでした。いろいろなニキビ用品を試したり、皮膚科を受診したこともありました。
両親は大人になればニキビなんて治るからなんて言っていましたが、高校生になっても社会人になっても全然治らなくてずっと化粧もできずに汚い顔でした。
そんな時に会社の先輩がすっごくきれいな肌でうらやましいと思っていました。
でもよく聞けばその先輩もひどいニキビで悩んでいたとのことでした。
どうやらとても良い石鹸に巡り合えて肌が劇的に変化したそうです。
ぜひ私もその石鹸を使いたくて紹介してもらいました。
その石鹸は今では有名なものですが、当時は全くの無名だったブラックペイントという石鹸です。
真っ黒で炭のような色をしています。
お店のスタッフにまずは肌の仕組みと洗顔の大切さを教えてもらい早速洗顔しました。
これがまた泡立てが大変で上手にできませんでした。
しかし慣れてくると生クリームのような泡ができてそれで洗うと古い角質がどんどんはがれてきてつるつるになっていったのです。
私はたった3か月で長年の悩みだったニキビを完治することができました。
※私の個人の感想です。

以来このブラックペイントだけを使っています。

価格が高いので続けることが大変

デメリットはなんといっても価格の高さでしょうか。
1個数千円しますのでなかなか続かないときもありました。
でも浮気しても結局この石鹸以上のものはなかったですね。
今では娘も使っています。
娘はブラックペイントのおかげで美肌で色白です。

ずっとこれからも使っていきたいですね。ポイントは泡立てです。
そして2度洗いをおすすめします。
ぬるま湯で丁寧に洗い流してください。
あとは冷水で引き締めます。

ブラックペイントを詳しくご覧になりスキンケアを本気でしたいならその価値は充分に有るでしょう。


もともとアトピー性皮膚炎を持っていた私は、普通の人たちよりも肌が弱くて同級生たちの肌と比べても、まるでオレンジのようにぼこぼこと毛穴がはっきりわかるくらい目立っていて、おでこや鼻は脂でテカテカしているのに、頬やあご付近は粉を吹いてしまうほど乾燥していることが多く有りました。
若い頃は肌がコンプレックスで、鏡を見るたびに毛穴の中に詰まった角栓を爪で押し潰していました。それが悪影響ということを成人してから知り、インターネットで調べていたところ自分の肌が超敏感肌だということが分かりました。
超敏感肌の人は、ドラッグストアなどに売られている毛穴パックや、ゴシゴシと強く肌を洗ってはいけないということが分かりました。肌が弱いという方は肌に負担をかけないよう、こういった配慮も必要かもしれません。

超敏感肌の人は、できる限り肌に負担をかけないことが必要と言うことで、たとえば朝は水だけの洗顔(このときばしゃばしゃと強くこするのではなく、すくった水を肌に押し当てるイメージで洗います。洗顔後はタオルを肌に優しく当てるイメージで)。夜、入浴するときにしっかりとクレンジング(このとき市販のオイルクレンジング、クリームタイプのものは肌に優しく塗りこみ、汚れを浮かせるイメージで絶対にこすってはいけない)。そのあと、洗顔フォームをしっかりと泡立たせます。それを顔全体に乗せて、粟の上から肌を洗うようにします。そして洗い流すときはシャワーではなく、容器に入れた水を手のひらですくい朝洗顔したときと同じように流し残しがないように洗います。洗顔後は化粧水、乳液を手のひらでしっかりと暖めてから顔全体に押し当てるように塗ります。これを繰り返すうちに私の肌は乾燥肌→テカテカ肌→潤いのある肌へと変化していきました。

この方法を試したからといって、私の超敏感肌は改善されたわけでは有りません。
ですが、少なくとも乾燥によるにきびや、肌荒れは激減し、周りからも肌綺麗になったねといわれるようになりました。
今の状態を維持するためにも根気良く肌を丁寧に洗うことは怠りません。


こより

肌の悩みで一番は乾燥でした。春夏秋冬問わずに肌が乾燥しているように感じていました。夏は冷房だろうし、冬は季節的に乾燥してしまい、春秋は季節の変わり目で肌が不安定になりました。そのため私はいつも化粧水を塗り美容液も乳液もクリームもとにかく塗りこんでいました。また夜はパックをしてできる限りの乾燥対策をしていました。それでも昼過ぎから夕方にかけて肌がつっぱる感覚がありました。その感覚のせいでうまく笑うことができないし気分も滅入りました。女性の多く感じることではあると思います。
でもなぜか見た目では乾燥しているように見られずよく店頭にいる美容部員のかたに相談してもそんな風に見えないですねと言われました。
見た感じは脂もあるからかつやっぽく見えるようでした。なんでわからないのかなと悩んでいたときインナードライという言葉を聞きました。
それはまさに私の症状そのもので見た目は脂でてかっているのに中は乾いているということ。でもそれはもともとは乾燥していて、肌がこれ以上水分を逃さないように一生懸命脂を出して頑張っているということでした。私のはだ頑張ってたんだと少しもうしわけなくなりました。
でも私頑張って保湿してたのになんでかなと悩んでいました。そしてある日エステティシャンの方に言われました。
「どんなに保湿しても表面の汚れが残っていたら浸透しないよ」と。
どうやら私は上からどんどんのせていくことはしていたけど、もともとの肌の状態で汚れが落ち切っていなかったようでした。
もちろんクレンジングや洗顔はしていましたが、薬局で買う安くて大容量のだったし、洗顔の泡立て方も甘かったようでした。
それからは教わったようにしっかりした泡を立てた洗顔で、クレンジングも汚れをおとして潤い残すものに変えました。

クレンジングと洗顔の基本に戻って、さらに付け加えたのがふき取り化粧水です。
やはり化粧水やこより美容液を入れる前にきちんと汚れを落としたいので、コットンにつけた化粧水でふき取っていました。
もちろん化粧水はふき取り用のものにしました。
ふき取り化粧水をしてみるとコットンにまだ汚れが残っていることがわかりました。
しっかり洗っているつもりでもまだ残っているのです。
なかなか気づかないけどとても大切なことだと気づきました。

手軽で効果もあると思います。きちんとふき取ってから化粧水をつけると今までの量よりすくなくても潤いました。
ただ少し費用が掛かってしまいます。ふき取り用の化粧水とコットン。コットンは特にあまり安いものだと毛羽立ったりしてかゆくなるし。
コスパは悪くなるかもしれませんが、私はこれにしてから肌の状態がよくなりました。

コスパの事を考えるとこより美容液が一番おすすめです。
こよりをチェックしましょう。


クリーム

30歳を過ぎて、何となく肌が乾燥しがち・くすみがちになってきたと思っている人に。特に、スキンケアにあまりお金をかけたくない主婦のかたに向いているケアです。

クリームの重ねぬりで、しっかり保湿

このスキンケア方法はとても簡単です。

  1. お風呂上がりや洗顔後、タオルで水分を取ったらすぐに保湿開始。
  2. まず、保湿クリームを薄く塗ります。顔から始めて、すねなどの乾燥が気になる部分、最後にそれ以外の箇所にさっと塗ります。
  3. 2〜3分間を空けて、同じ作業をあと2回繰り返します。
  4. 最後に、厚塗りになってベタつきが気になる部分を手でさっと伸ばし、保湿が足りていない部分にクリームを足すようにして、まんべんなく肌がしっとりしたら完了です!

この方法のポイントは、高級な化粧品ではなく、ドラッグストアで買えるようなお手頃価格のよクリームを使うこと。どんなに高いクリームでも、ケチケチ使っていたのでは効果はイマイチです。たっぷり使える価格のクリームにすることで、贅沢に保湿ができます。
また、少し時間を空けて保湿を繰り返すことで、肌に保湿成分がしっかり浸透し、塗りムラもなくすことができます。忙しくても、10分もあればできるので習慣にしてしまいましょう。

今日からでも始められる簡単ケア

この方法の一番の魅力は、特別な化粧品や道具を用意しなくても、すぐに始められることです。
年齢を重ねると、冬場だけでなく季節の変わり目や真夏でもお肌の乾燥が気になり出します。しかも、「メイク用日は年相応のものを」と思うと出費もグッズも増える一方。
ベースのスキンケアは、お金をかけずに少しだけ時間をかけることで、とても良いコンディションを保つことができます。是非試してみて下さい。