化粧水

メイクをしっかり落として洗顔して、さて化粧水。高い物からプチプラコスメまで色々と使ってみました。
お高い物は確かに良い!キメが整い落ち窪んだ毛穴もふっくら。これはスゴイ!!…と感動しても1ヶ月も使い続ければ何だか感動も薄くなりませんか?敏感肌で決まった化粧品しか使えない方には向かない方法ですが、そうでない方には1度試してもらいたいスキンケア方法です。そして飽きっぽい人に向いているかもしれません。

その方法とは化粧水を使っていて効果が感じられなくなってきたら他の化粧水を使う事。たったこれだけです。どんなにお高い物でも使い続けていれば肌が慣れてしまって使用感にスペシャル感がなくなってきます。そんな時ドラックストアで売っているような物を使うと驚くほど効果を感じます!もちろん、合わない化粧品もあるとは思いますが色々試していくと合うものが見つかると思います。そしてプチプラの物もオススメです。そしてまた肌が慣れてきた時、違うものに変える…これの繰り返しです。私は常時2〜3つの化粧水を使いまわしています。
毎日違うものを使うのではなく効果を感じなくなってから次の物に変えると良いですよ!
安いものでも驚くほど効果を感じたりします。
そして化粧水をつける時は手でパシャパシャではなく、水で濡らしたコットンを軽くしぼり、そこに化粧水をたらしてタッピングすると肌のキメが整います。面倒でもコットンを使う事をお勧めします

デメリットとしては、開封した化粧水が数個手元にたまるという所でしょうか。
保管場所も取るし、場所によっては化粧水の品質が変わってしまうこともあるかもしれません。そして使用期限が長くなってしまいますので充分に気を付けながら保管場所も選ぶ事をお勧めします!


赤ら顔

私は、吹き出物に悩んでいたのと、最近になってから化学物質に弱い肌になっていたのが理由で、
私のような肌に合う化粧水はないかと探していました。
そのころ、たまたま母も肌の不調を感じて肌に優しいスキンケアを考えていまして、
前から家に合ったけど、よくわからなかったので使っていなかったシリカ水というものを
顔につけるという事を試したそうです。
そしたら、母には何らかの刺激物による蕁麻疹が顔に出ていたのですが、それが、
一発でかゆみが止まり、赤みも消え、すぐに治ったのです。
それを見ていた私も、母に勧められて、今まで使っていたスキンケアはすべてやめ、
シリカ水を顔に吹きかけるスキンケアだけを始めました。

シリカと水素水の簡単化粧水

よくよく調べると肌にかけるのはもちろん、飲むこともでき、髪にも良いという優れものでした。
私は、今までのスキンケアそのものが合っていなかったので、それらを一切やめて、
シリカ水の原液を水素水で薄めて、霧吹きに入れ、それを顔に吹きかけるという方法です。

乾燥はありそうだが、総合的に良し

この方法のメリットは、確実に肌トラブルが収まってくることです。
私の場合は、吹き出物とニキビ跡がとても赤みを帯びていたのですが、その赤みが消え、
どんどん目立たないものになり、かゆみも収まりました。
使い心地は肌に張りが出る感じで、ツッパリはしませんが、凄くサッパリとしています。
デメリットとしては、乾燥肌の人はそれだけのスキンケアでは乾燥しがちになるかもしれません。
でも、私も乾燥肌ですが、乾燥からくるハリのなさや吹き出物自体がなくなったので、
それならそれでも肌トラブルがなくなったので、全然問題がないように感じました。
総合的にみて、二重丸だと私は思っています。

顔の赤みの原因は病名では、酒さと言い、軽度な場合赤ら顔を言われています。
赤ら顔に白漢しろ彩がおすすめですので、同様にチェックしていみてはいかがでしょうか。


シートマスク

私は夏は紫外線で毛穴の開き、冬は乾燥で肌がカサカサになるので、化粧ノリが悪く、夕方には化粧崩れが酷くなることに悩んでいました。
シートマスクを活用することで毛穴をキュッと引き締め、しっかり成分を肌に入れる事ができるので肌の水分量が増し、潤いが長続きします。
乾燥からくるシミやシワの防止でアンチエイジングも見込めるので、様々な悩みをお持ちの方に向いているのではないかと思います。

私の場合は、冷蔵庫で冷やしているシートマスクをお風呂上がりと時間がある時は朝もしています。
シートマスク後は肌に成分がしっかり入っているので、クリームをさっと塗って蒸発を防いだら私のスキンケアは終了です。
シートマスクは色んな成分があるので、日に長時間当たってしまった日はアロエやビタミンC、アンチエイジングをもっとしたい日は高麗人参や紫根、潤いがもっと欲しい日は蜂蜜やパパイヤなど、選びきれないほど種類があるので用途に合わせて使い分けてます。

私がシートマスクを使い始めたきっかけですが、肌トラブルで悩んでいた時期は500円玉程の化粧水を手の平でバシャバシャと叩くように付けて、乳液、クリームと使っていました。実はこの方法では手の平がほとんどの成分を吸収してしまうことを知り、もっと肌に成分を浸透させたくて始めたのがきっかけでした。
シートマスクのメリットはコスパの良さです。
ネットで1枚100円もしない金額でまとめ売りをしているものを購入し、あとはクリームのみなのでお金も大幅に削減でき、しばらく買い足さなくても済むので節約にも繋がり経済的です。
以前は化粧水、乳液、クリーム、美容液と同じメーカーで買い揃え、金額もそれなりにしていましたのでかなりの節約になっています。
安いから質が悪いのではと思われがちですが、シートが吸収しきれない程の成分液が入っているものが多いので、シートにしっかり吸収させて残ったものはデコルテや腕、脚など全身に使う事ができるのも嬉しいところです。
ただし、ネットのまとめ売りは何が来るか分からないので用途に合わせて選びたい方にはデメリットかと思います。よく分からないものや匂いが気になるものが入っていたりすることもあり、当たり外れがあります。
私は人参が嫌いなので、高麗人参のシートマスクは人参の匂いがして少し苦痛でした。
シートマスクというと面倒臭いと思われがちですが、私の場合は浸透させている間にドライヤーで髪の毛を乾かしたり、ヘアメイクをしたり、他の作業を先に終わらすことであまり面倒臭いと感じた事がありません。
続ける事で、乾燥知らずの潤い肌になり、吹き出物などの肌トラブルも少なくなったので今は嬉しい事だらけです。


オーガニック素材

繰り返しできるにきびに何年も悩んでいました。
いろんなスキンケア商品を試してみたりエステにも行ってみたりしましたが、よくなるのは
そのときだけでしばらくするとまたにきびができるという繰り返しで根本的な治療にはなっていませんでした。
また、スキンケア商品には肌に悪い界面活性剤や油分などが多く含まれておりそれらを使うことにかなり
抵抗があり、肌に優しいオーがニックなスキンケアがないかと探していたところ松ヤ二パックに出会いました。

松ヤ二パックで肌を温めて新陳代謝を促す

松ヤ二パックとは人肌に温めた松ヤ二を顔に塗って剥がすのを繰り返すシンプルなパックです。
パックは塗ると数秒で固まるため、それを剥がします。
剥がすときににきびのもとになる顔ダニや産毛もしっかりと除去でき、顔の表面がなめらかに
きれいになります。
また温熱効果もかなり高く内側からしっかりと温まっているのを感じることができます。
にきびの芯がある部分には繰り返し塗ることできれいににきびの芯をとることもできます。
まわりの皮膚を傷つけることがないのにでにきびの跡も残ることがありません。

初めてやる人はとにかく痛い

産毛もしっかり取れるので初めての人はかなりの痛みを伴います。
口周りやフェイスラインの産毛が特に痛くてかなりの勇気が必要になります。
ですが、パックが終わったあとは角質や産毛のないすっきりとしたお肌になり、
まるで生まれ変わったかのようなきれいなお肌がよみがえります。

成分がオーガニック素材でできているので成分を気にする方や肌の弱い方にもおすすめできます。
最初にパッチテストがあるので、そこでかぶれたりしないかきちんと見定めてからパックをすることになるので
安全です。


ファイスライン

私は30代からフェイスラインのたるみと化粧のりの悪さに悩んでいました。
ファイスラインのたるみには老廃物を排出するマッサージが良いとの情報を聞いたので、顔専用のマッサージクリームを探していました。
そこで見つけたのがSUQQUというメーカーのマッサージクリーㇺです。
マッサージクリームを購入すると、マッサージの方法が書かれている冊子もついてきます。
また予約さえすれば、無量でSUQQUの美容部員さんが1時間かけて丁寧に自宅でのマッサージの方法を伝授してくれるサービスもあります。
こちらのマッサージの効果としては、顔のたるみ改善や肌のハリ、化粧ノリを良くする効果などがあります。
マッサージをすることで化粧水の浸透をよくしてくれる効果もあるので、乾燥肌の人にもおすすめです。

顔筋マッサージの方法としてはまず、鎖骨の上にツボを押しながら首を横に3回程度傾けます。
これは首のまわりのコリをほぐすウォーミングアップの効果があります。
次にマッサージクリームをマスカット一粒だい手に取り顔全体に伸ばします。
マッサージ方法が記載された冊子を見ながら、手の関節や指を使って顔に筋肉やコリをほぐすマッサージを行います。
マッサージは朝晩の洗顔後に行い、マッサージ終了後には専用のタオルをぬるま湯につけ、優しくクリームをふき取ります。
その後いつもと同じように化粧水や乳液でお肌を整えます。
マッサージの方法は約3分程度なので毎日続けられるのではないでしょうか?
朝はマッサージをする時間がないという方は夜だけでも十分です。

このマッサージは初めて行う場合は、圧を加えて老廃物を排出するものなので筋肉痛になるかたも多いです。
マッサージが痛いと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、3日程度も続ければコリがほぐされて痛みもなくなってきます。
マッサージをして1週間もすれば肌のノリもいいと感じてきます。
またファイスラインもシャープな印象を感じられるのではないでしょうか?


フェイシャルエステ

海外に住んでいるので、日本人向けのフェイシャルエステがありません。どうしたら、自分で出来るかを研究して、今のやり方にたどり着きました。基本は乾燥しない、毛穴の黒ずみを洗浄する方法です。

最低限の安いコスメ用品で、効果を出す方法として、まず必要なのは、コットン、安くていいので量が沢山入っている化粧水、ニベア、もしくはそれに似た保湿クリームです。
まず、角質を取る方法です。洗顔は、どんな洗顔フォームはでも良いです。オイリー肌でしたら、それにあった洗顔で、乾燥肌でしたら、それようのものでOKです。普通にいつも通り洗顔をして良いのですが、洗顔をするタイミングです。まずお風呂、またはシャワーの時、一番最後に洗顔をします。肌が完全にふやけている状態で洗顔をします。お風呂、またはシャワーの後、どんなものでも良いので、思いっきり化粧水をベタベタに顔全体に塗ります。その後、コットンに同じ化粧水を含ませて、角質がある場所に、優しく小さい円を描くようにマッサージします。私は、小鼻、目頭、顎に角質が出やすいので、そこを優しくコットンでマッサージします。するとみるみるうちに、角質がとれて、スベスベになります。これでしたら、毎日シャワーを浴びた後の、スキンケアのひとつとしてルーティーンに入れやすいです。
次は、黒ずみ取りです。この方法も、お風呂、シャワーの時に関連しますが、この場合は、湯船に浸かるのがより効果的です。お風呂、シャワーに入る前に、脱衣所でニベア(クリーム)を小鼻の黒ずみの周りにベッタリ塗ります。顔の肌色も隠れるぐらいベッタリ塗ります。私は海外にいますが、ニベアは、ほぼどこの国でも安くで売っています。その後、お風呂に入り普通に髪の毛などを洗った後、最後に、まず顔にベトベトに塗ったニベアを、顔全体にマッサージしながら軽く落とします。その後は、角質の時と同様の仕方で洗顔、化粧水をつけます。週に数回するだけでも、黒ずみ退治に効果的です。

どちらの方法も、お風呂、シャワーの時間のタイミングの方法なので、朝素早くシャワーを済ませる方には向いていません。この方法は、お風呂場のスチームの効果で汚れを落とすので、多少時間がかかります。しかし、近所に良いフェイシャルエステがなかったり、金銭的にエステに行けない人には、このお手入れ方法は良いです。


乾燥肌

僕は元々肌トラブルで悩むことはなく学生時代もニキビで悩むことはありませんでした。
しかし20歳を過ぎた頃からニキビや乾燥肌で悩むようになりました
そんな時にパックを始めました
ただ毎日パックを使うとなると金銭面で難しい部分がありそんな時に美容関係の知人の勧めで化粧水をコットンに染み込ませたコットンパックを始めました
コットンパックはパックは毎日したいが金銭的に難しい人に向いています

層になっているコットンの使用

まずスキンケアをする前に必ず手をよく洗います。手の汚れがニキビなどの原因となる可能性があるためです
その後に洗顔を軽くします
あまり洗い過ぎてしまうと皮脂を落とし過ぎてしまいます乾燥の原因などになってしまうためです
その次にコットンにたっぷりと化粧水を染み込ませパッティングしていきます強く叩き過ぎると顔のビタミンを壊してしまうので優しくします。パッティングが終わりましたらそのコットンを1枚、1枚薄く剥がしていきます僕のコットンは大体7枚くらいになります
薄く剥がしたコットンを顔の乾燥が気になる部分に当てて更にその上から化粧水をなじませて
コットンパックの完成です
それを大体10分〜15分くらい置いたあとに美容液を入れていくと驚くほど肌に馴染みびっくりするほどもちもち肌になっています
その後に乳液、クリームといった順にしていきます
面倒ですがせっかく肌に入れた水分と美容液をにがさないために必ず行います

メリットとしてはいつも使っているコットンで簡単なパックが出来るため金銭的に優しくなっています
デメリットとしては朝が弱い人やスキンケア自体が手間だという人には少し時間もかかるのでその点がデメリットです

簡単に出来るお家パックですぐに実感できます


乳液

私は肌の調子がなかなか安定しないので、この方法でスキンケアをしています。例えば仕事がすこし忙しくなってきたとき、いつも通りのスキンケアをしてもニキビが出来たり、治りにくかったりします。また、生理前後にも肌のコンディションは大きく崩れますし、

3種類を使い分けて肌状態をみきわめ

私は化粧水を三種類と、サプリメントを一種類、乳液が1種類、あとは時期をみてパックを購入し、使用しています。つかっている化粧水は保湿に特化したもの、漢方のエキスが入っているニキビなどの肌荒れを良くする効果があるもの、美白保湿用の3種類です。ニキビケアのものは通年常備しており、仕事が忙しくなって肌荒れしてきた頃、生理前などに使用しています。保湿に特化したものは夏以外の時期に使用しており、美白は夏とその前後に使用しています。使用している種類は多めですが、私が気を付けているポイントは古くなる前に使い切ること。比較的安価ですが、私の肌にはすごくあっているものなのでもったいながらずにバシャバシャつかっています。化粧水をいれるときは、コットンを使用しますが、肌がざらついているときはピーリングではなく拭き取りローションで優しく拭き取った後に、化粧水をたっぷり含ませたコットンで化粧水を肌に入れていきます。
パックも、冬の乾燥時期などは大容量のものを買って頻度を高めに使用しますが、春夏は美白や保湿特化など、そのとき不足していそうなものを購入しています。

この方法のメリットは、やはり肌の状態をしっかり見ることができるので早めに対処して多少肌荒れしても悪化しにくいことです。早期発見で対処をすると、ニキビも大きくなる前に消えてくれますし、跡も残りにくいです。肌荒れの範囲もあまり広がることなく治ってくれます。
デメリットはお金がかかることです。また、肌状態やどのような栄養が足りていないのか見極めを間違えると効果が出にくいので、一度美容部員さんなどに肌診断してもらうのも良いかもしれません。


オールインワン化粧品

保湿効果の高い化粧品を塗り重ねても、しばらくすると乾燥してしまうという方はけっこう多いと思います。
どんなに高価な化粧品を使っていても、乾燥してしまっては意味がありません。
そんな方に、手軽に出来るおすすめのオールインワン化粧品の使い方をご紹介します。

オールインワン化粧品の有効的な使い方

オールインワン化粧品というと、化粧水・乳液・美容液・クリームが一つになった便利な化粧品です。
お肌にトラブルや悩みが無い方にはおすすめですが、乾燥肌の人や肌トラブルが起きやすい人は、きちんと一つ一つスキンケアをすることが好ましいです。
しかし、そのオールインワン化粧品を使い方を工夫することで、より高い効果が得られます。
どのようなオールインワン化粧品を使うかにもよりますが、ここではジェルでご紹介します。
いつものスキンケアの後にオールインワンジェルを重ね付けするだけです。
化粧水、乳液、クリームのそれぞれの後にオールインワンジェルを塗ります。
オールインワンジェルはそれぞれ、乳液やクリームの代わりとなるものなので、本来はどちらかだけで大丈夫なのですが、それぞれの役割を倍にするような感覚です。
要するに、化粧水や乳液をいつもの2倍付けていることになるので、より効果が感じられます。

どのオールインワン化粧品を選ぶかがポイント

スキンケアの手間が増えてしまう、オールインワン化粧品分のお金がかかりますが、最近ではドラッグストアで購入出来るお手頃な化粧品も増えてきています。
どのオールインワン化粧品を選ぶかで自分の思い通りのスキンケアが出来るので、いろいろ試してみるのもいいでしょう。
例えば、美白になりたければ美白効果の高いオールインワン化粧品を、乾燥が気になる人は水分量が多いものを選ぶと良いでしょう。
注意したいのは、重ね付けをするのでその後のスキンケアに響かないように、クリーム状のものは避けた方がいいです。

スキンケア用品一式を買い替えるのは大変ですが、この方法ならすぐに始められるので是非試してみて下さい。